岩手県奥州市の歯科医院のあべ歯科医院です。
歯周病、むし歯の予防についてご紹介しております。

あべ歯科医院 お問い合わせ:0197-22-8522 診療予約 診療時間 ホーム サイトマップ

岩手県奥州市の歯科医院 あべ歯科医院

歯周病

歯周病

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯ぐきもとても大切です。歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されりする病気です。歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯ぐきだけが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)と、歯と歯ぐきをつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎(ししゅうえん)に分類されます。


歯周病の原因

歯周病の原因

歯周病(歯槽膿漏)の大きな原因は食べカスを栄養源とす る細菌です。清掃不良部位の細菌の増殖によるものがほと んどで、一度歯周ポケットを形成するとブラッシングのみ では除去できません。空気を嫌うこの細菌は歯の根の方向 に深く進もうとする傾向があります。こうして歯を支える 健康な繊維や骨を破壊していきます。


治療の流れ

STEP1 初期検査
STEP1 初期検査綿密な検査をして歯周病になっている原因を調べます。レントゲンを撮ったり、歯周ポケットの深さや日頃行っているブラッシング方法を行ってもらい間違ったブラッシング方法で磨いていないか調べます。
STEP2 初期治療
STEP2 初期治療歯周病の大きな原因である、歯石を除去します。 歯石が付くのは、正しいブラッシングが出来ていない ことが原因です。
STEP3 再評価
STEP3 再評価歯周病のなおり具合をチェックします。歯石除去や正しいブラッシングで歯周病が治らない場合は、外科的な治療が必要になる場合もあります。
STEP4 外科治療(必要に応じて)
STEP4 外科治療(必要に応じて)初期治療によって治らない場合、外科手術を行います。 歯肉を切って歯槽骨からはがして、根の先の方や根と根の間に付いている歯石や炎症巣を除去して滑沢にします。
STEP5 定期検査
STEP5 定期検査歯周病は、治ってからが肝心です。3ヶ月から6ヶ月に1回は、定期検診を受けるようにしましょう。歯石がたまってしまえば、また歯周病になってしまう可能性があります、歯周病は、早期発見・早期治療が一番です。

GTR法

GTR法

歯周病などよって後退してしまった歯肉や歯槽骨などの歯周組織を再生、誘導する手術です。歯ぐきを切開して歯槽骨から剥離し、歯根のプラークや歯石の除去と歯槽骨の清掃またダメージを受けた歯肉などの組織を除去します。その後、特殊な保護膜を使用して歯根膜、歯槽骨が再生できるよう保護し、歯肉を元の状態に戻します。この手術は失われた歯周組織を健康な状態に回復しますが、完全にもとの状態への再生は難しく、歯を残すための手術です。

むし歯になる前に予防を

むし歯予防

これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。近年は虫歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。


むし歯の原因は?

むし歯の原因は?

歯の表面についた汚れはプラーク(歯垢)と呼ばれています。このプラークが原因となり、虫歯が進行していきます。
プラークは歯牙細菌苔ともいい、単なる食べカスではなく、生きた細菌の集合体が、歯の表面に苔のように発生しています。その細菌が出す酸が、歯の表面を覆うエナメル質を溶かし象牙質、歯髄へと浸透します。
象牙質や歯髄はエナメル質よりもやわらかいので、ここまで来るとそれまでよりもずっと早く溶け、虫歯が進行していきます。


むし歯になってしまったら?

むし歯になってしまったら?

成長発育の途中にある子供にとって、丈夫で健康な歯でおいしく食事をするという行為は、大人と比べてとても重要です。もし、お母さんが、「乳歯の虫歯はそのうち生えかわるから放置しても大丈夫」と思っているのであれば、それは重大な問題です。

例えば、虫歯が右側奥歯にできると、食べ物がはさまってしまったりして痛むため、大人でも子供でも本能的に虫歯と反対側の左側ばかりで食事をするようになります。
これが小さな子供で習慣づいてくるとどうでしょう。数年後には、筋肉、顔面組織の非対称成長から来る、顔の真ん中の線のずれ、顔の輪郭の変形、さらには、これが全身面へ波及し、背者に骨の歪みまで影響することがあります。
また、歯と歯の間の虫歯を放置しておくと、歯が寄ってきて永久歯の生える隙間がなくなり、永久歯の歯並びにも大きく影響してきます。

このように、乳歯の虫歯の放置は、今だけの話ではなく、全身的にも将来的にも、お子さんの体に大きな影響を及ぼしていきます。お子さんの小さな虫歯に気づいた時点で、すぐに歯科医院へ相談するよう、お母さん方がぜひ習慣づけてください。


シーラント

歯を削ることなく予防できるシーラント
シーラント奥歯の噛む面には溝があります。ここは汚れが溜まりやすく、歯磨きがしにくいので虫歯になりやすい個所です。この奥歯にシールをして虫歯を予防する方法がシーラントです。
シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。ただし、このシールは剥がれることもありますので、定期的に検診をする必要があります。
また、シーラントを行ったからといって、必ずしも虫歯にならないという訳ではありません。

PAGE TOP